So-net無料ブログ作成
検索選択
JVJA報告会 ブログトップ

2/23 『消される歴史の現場から』 ~JVJA 沖縄現地報告~ [JVJA報告会]

【転送・転載歓迎】



『消される歴史の現場から』 ~JVJA 沖縄現地報告~

http://www.jvja.net/
(JVJAサイトからチラシがダウンロードできます。)

【日時】  2008年2月23日(土)

【時間】  開場15:30、講演16:00~18:00

【場所】  明治大学リバティータワー 地下1011教室
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

【資料代】 1,000円

【共催】  現代史研究会/日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)

【お問合せ】 JVJA事務局 090-6101-6113 office@jvja.net

※先着順に受付。定員(275名)を超えた場合は会場収容人員の都合により、
ご入場を制限いたします。あらかじめご了承ください

 なぜ、今、沖縄なのか?今も、なぜ、沖縄なのか?そんな疑問を10年以上持ち続けてきた。なぜ、0.6%の国土面積の沖縄に、在日米軍基地の75%もが日米両政府によって押し付けられてきたのか。10数万人の民間人を含む、沖縄戦の犠牲者24万人の名前を「平和の礎」に刻んだ沖縄。繰り返される在沖米軍兵士による暴力犯罪の数々に、1995年、8万5千人が県民集会で日米政府に抗議した沖縄。日本初となる1996年の県民投票によって、「基地はいらない」と県民ぐるみで声をあげた沖縄。それらの一切も無視するかのように、軍事基地は維持され、米兵による犯罪が続き、そしてさらなく米軍基地の強化が目論まれている沖縄。
 その沖縄を、さらに辱めるかのような文部科学省教科書検定の「歴史の隠蔽」。それに対して昨年9月には、11万人余の老若男女が県民大会で抗議の声をあげ、そして今も、怒りの声をあげ続けている沖縄。私たちは、その声を聞く「義務」がある。

(司会進行) 豊田直巳
http://www.ne.jp/asahi/n/toyoda/

(報告)森住卓/山本宗補/國森康弘

ヤンバルの森から「集団強制死」の現場へ
森住卓

 強制集団死の体験を語る、島人の涙と額に刻まれたシワは、消えることのない深い傷を物語っている。愛する妻を、我が子を。兄弟姉妹を自らの手にかけ、自分だけが生き残ってしまった苦悩。真摯で愚直、故に苦しみ続けた63年間。
「天皇の軍隊」の命令がなければ起こらなかった。あのことが歴史から消し去られようとした事を知った、体験者たちは重い口を開き始め、狂気の時代を語り出した。今、再びあの時代に戻してはならないと。
http://www.morizumi-pj.com/

沖縄戦からは国民を棄てる軍隊がよく見える
山本宗補

沖縄戦からは国民を棄てる軍隊がよく見える:八重山諸島の戦争マラリアで家族16人を失った女性、伊江島の壕での集団自決を運良く生き残った男性、投降しようとしたら日本軍の将校に「国賊」と罵声を浴びせられ日本刀で斬りつけられた男性など、沖縄戦を生き残った島民の戦争の記憶は一人一人の脳裏に深く刻まれている。日本軍の存在が住民を死に追いやった沖縄戦。敗戦間際、日本軍によって満州の荒野に切り棄てられた満蒙開拓民27万人のたどった惨劇。軍隊は誰のために存在したのか、共通項を考えてみたい。
http://homepage2.nifty.com/munesuke/

「日本兵が語る沖縄戦」~歴史認識の空白を埋める~
國森康弘

 これまで語られることがあまりなかった、「元日本兵による沖縄戦の証言」を集めた。沖縄県民12万人(一説には15万人)以上、沖縄県外出身の日本兵約6万6千人のほか朝鮮人や台湾人、米兵ら多数が亡くなった沖縄戦。そこでは、集団自決の強要をはじめ“スパイ容疑”での処刑や壕の追い出し等で、住民の多くが日本軍により死に追いやられた。では現場にいた日本兵はあのとき、どのような意識に基づき、どんな行動を取っていたのか―。また、60余年を経た今日、沖縄住民に対して何を思うのか―、なぜ今当時を語るのか―。
元兵士達の証言は、その時代時代の政治力学によって右往左往する”歴史認識”の現状に、重い一石を投じる。
http://www.kunimorifoto.net/


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ミャンマー(ビルマ)情勢緊急集会のご案内 [JVJA報告会]

JVJA http://jvja.net

「抗議声明」
「10月3日(水) ミャンマー(ビルマ)情勢緊急集会のご案内」

 日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)は、軍事政権下にあるビルマ(ミャ ンマー)の旧首都ヤンゴンで、9月27日の一般市民らによる平和的な反政府デモの 取材中、治安部隊の兵士により銃で至近距離から狙い撃ちされ、殺害された日本人 ジャーナリストの長井健司氏の死に対し、ビルマ(ミャンマー)の軍事政権に強く抗 議をするものである。
 長井氏が殺害される瞬間の映像から、治安部隊が取材中である長井氏を射殺した経緯が明らかであり、「長井氏が観光ビザで入国しデモを取材中に巻き込まれたために 死亡した」という国営テレビによる報道は、自由な報道を全く許さずに政府の広報機関としての機能を担う国営メディアを使い、当局が殺害の責任と国際社会からの非難を回避しようとする意志が読みとれる。こうした当局の報道に対しても抗議するものである。

 軍事政権及び当局は速やかに長井氏のご遺族に謝罪するべきである。また、平和的な反政府デモに対する武力弾圧という蛮行を速やかに止め、撮影機材の押収や、ジャーナリストに対する脅迫と暴行、身柄の拘束など、事実を取材し報道しようとする内外のジャーナリスト及び報道機関の権利を踏みにじる一切の行為を止めるべきである。

 また、8月以来ビルマ(ミャンマー)各地で行われてきた反政府抗議行動に対しての軍事政権による暴力的鎮圧と武力行使は、辺境地域の少数民族に銃口を向け、数十年来にわたり政府軍が無数の自国民を殺戮してきた軍事政権の一貫した方針を証明したにすぎない。

 この間、国連をはじめとする国際社会が軍事政権に対して毅然とした外交姿勢をとっているにも関わらず、長井氏殺害事件が起きる直前まで、事態を静観し発言を控えてきた日本政府の人権を軽視した、あいまいで軍事政権に対し寛容と思える外交姿勢に強い疑念を覚えるものであることも付記しておきたい。

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
2007年9月30日

なお、JVJAは以下の要綱で、緊急集会を開催します。

「ミャンマー(ビルマ)情勢緊急集会 〜 これまで何が起きてきたのか」

■10月3日(水曜日)
開場 午後6時30分 開会 6時45分〜8時30分
■明治大学リバティータワー 1114教室(130名)
JR御茶ノ水駅下車 徒歩3分
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

■定員 130名限定 (当日受付のみ・先着順)

※満員になり次第、受付・入場を終了します。会場収容人員の都合上、あらかじめご了承ください 。

■参加費 1000円

■連絡先 日本ビジュアル・ジャーナリスト協会事務局
     TEL 090-6101-6113  E-mail office@jvja.net

(報告者)
・山本宗補(フォトジャーナリスト)
・吉田敏浩(フリージャーナリスト)
・根本敬(上智大学教授、ビルマ近・現代史専門)
・ポーンミントゥン(在日ビルマ人活動家)

※APF通信社より長井健司氏の関連映像を提供(5分程度)予定。

報告者・発言者は事情により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

(報告者プロフィール)
山本 宗補 (やまもと むねすけ)

 1953年、長野県生まれ。アジアを主なフィールドとするフォトジャーナリスト。1985年からフィリピン取材、1988年よりビルマ(ミャンマー)の少数民族問題、民主化闘争の取材開始。1998年、アウンサンスーチー氏のインタビュー直後、秘密警察に身柄を拘束され、国外追放となる。日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)会員、「ビルマ市民フォーラム」運営委員。
 著書に「ビルマの子どもたち」(第三書館)、「ビルマの大いなる幻影 解放を求めるカレン族とスーチー民主化のゆくえ」(社会評論社)、「また、あした 日本列島老いの風景」(アートン)、「世界の戦場から フィリピン 最底辺を生きる」(岩波書店)など。共著に「フォトジャーナリスト13人の眼」(集英社新書 2005 年)などがある。現在、国内各地で「老いの風景」、「戦争の記憶」をテーマに取材を続ける。
http://homepage2.nifty.com/munesuke/

吉田 敏浩 (よしだ としひろ)

  1957年大分県出身。77年にビルマ・シャン州の解放区を訪ねて以来、ビルマ、タイ、アフガニスタン、インド、バングラデシュなど、アジアの諸民族の世界を訪ねる。1985年3月から88年10月まで、ビルマ北部のカチン州とシャン州へ3年7ヶ月に及ぶ長期取材。その記録をテレビ番組「回想のジャングル」(NHKスペシャル)にて発表。また同記録をまとめた「森の回廊」(NHK出版)で第27回大宅壮一ノンフィクション賞(96年)を受賞。

 その他の著書に、『宇宙樹の森』(現代書館)、『北ビルマ、いのちの根をたずねて』(めこん)、『生命の森の人びと』(理論社)、『夫婦が死と向きあうとき』(文芸文庫)、『ルポ戦争協力拒否』(岩波新書)、『反空爆の思想』(NHKブックス)など、共著に『世界の民・光と影』(明石書店)などがある。

http://asiapress.org/api/03memb/yoshida/yosd.htm

根本 敬 (ねもと けい)

 1957年、米国ワシントンD.C.で生まれ。上智大学教授、専門はビルマ近・現代史。62年から64年まで、ビルマの首都ラングーンで生活を送る。85-87年の2年間、かつての民族運動関係者や抗日農民ゲリラ参加者から精力的に聞き取り調査を行う。現在はビルマ近現代史におけるナショナリズムの形成と展開をテーマとし、ビルマという一国の枠を超えた地域的な比較研究や、幅広い角度からの歴史研究をおこなう。
 著書に『アウン・サン—封印された独立ビルマの夢 現代アジアの肖像』(岩波書店)、共著に『ビルマ軍事政権とアウンサンスーチー』(角川書店)、『ビルマ (暮らしがわかるアジア読本) 』(河出書房新社)などがある。

ポーンミントゥン

 1969年、ビルマの首都ヤンゴン生まれ。アウンサンスーチー氏のボディガードを務め、秘密警察に逮捕され91年から95年までインセイン刑務所に投獄された。釈放後に来日し、在日ビルマ人の活動家として民主化運動を継続している。投獄中の拷問経験を元に、AAPP(ビルマ政治囚支援協会)日本支部代表として活動し、ABFSU(ビルマ学生連盟)日本支部代表を務める。

APF通信社

 92年設立(代表・山路徹)長井健司さんの契約社。
http://www.apfnews.com/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

12/30 2006年夏 戦場からの報告 〜レバノン・パレスチナ〜 [JVJA報告会]

http://www.stickam.jp/editMediaComment.do?method=load&mId=174451215

▼12月30日(土)午後10時〜11時30分放送
NHK教育テレビ「ETV特集」
http://www.nhk.or.jp/etv21c/index2.html

「2006年夏 戦場からの報告 〜レバノン・パレスチナ〜」

※今年10月に東京で行ったJVJAの緊急報告会「パレスチナ・レバノンで何
が起き、どうなっていくのか」での映像をベースに編集・制作されました。ぜひ
ご覧下さい。

【取材・撮影・スタジオ出演】
古居みずえ(レバノン)
土井敏邦(イスラエル・パレスチナ)
綿井健陽(レバノン)

【解説】臼杵陽・日本女子大学教授
キャスター】森田美由紀(NHK)

【構成】宮本康広(NHKエデュケーショナル)
【編集】熱海鋼一
【制作統括】東野真(NHKエデュケーショナル)/塩田純(NHK文化・福祉
番組)

日本ビジュアルジャーナリスト協会
http://jvja.net

NHKに感想を送りましょう!
http://www.nhk.or.jp/css/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

12/10 見よう!聞こう!語ろう! フリーランス・フェスティバル [JVJA報告会]

12月10日、フリーランス・フェスティバルを下記の通り開催します。フリーランス・ジャーナリストやドキュメンタリストが集う始めての企画です。ぜひ、ご来場下さい。
また、下記内容を転送・転載し情報の告知にご協力いただければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【転送・転載歓迎】

見よう!聞こう!語ろう! フリーランス・フェスティバル

日本で、そして世界各地で、言葉と映像の力を信じて活動する独立系ジャーナリストたち ― 今回のシンポジウムは、いま第一線で活躍しているフリーランス・ジャーナリストが一同に集まり、彼/彼女らの仕事をテーマ化し、その社会的役割と意義を広く考えていこうという目的で開催されます。

このイベントは、個人の仕事を披露して、お互いに批評し合う場ではありません。マスメディアの、いわゆる「会社ジャーナリズム」とは一線を画した独立系ジャーナリズムの課題や可能性を具体的に提言しながら、日本のジャーナリズム全体のあり方について建設的な議論をしていきたいと思います。

また、このシンポジウムをとおして、独立系ジャーナリストたちが横につながるきっかけができればとも願っています。そのような横のつながりをつくろうとするイニシャチブは、日本ではこれまでほとんどありませんでした。私たちは、この企画によって、プロフェッショナル・ジャーナリズムとは何かを考え、その位置づけを明確にし、ジャーナリズムの閉塞状況を打ち破るきっかけを見つけ出したいのです。

この企画はメディア/ジャーナリズム研究を行ってきた東京大学大学院情報学環と、独立系ジャーナリストたちの活動グループであるアジアプレス・インターナショナル、日本ビジュアル・ジャーナリスト協会およびDAYS JAPANとの共催で行われます。

         東京大学大学院情報学環・学環長 花田達朗

アジアプレス・インターナショナル代表  野中章弘

「見よう!聞こう!語ろう! フリーランス・フェスティバル」

http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/research/symposium/2005/10.html
_開催日時:  2005年12月10日(土) 午前10時30分より午後8時
_場所:  東京大学(本郷キャンパス)農学部弥生講堂一条ホール
       http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/
_主催:  東京大学大学院情報学環、アジアプレス・インターナショナル、 日本ビジュアル・ジャーナリスト協会、DAYS JAPAN
_資料代  1000円(学生 500円)

<10時30分> 開会 総合司会 林香里(東京大学助教授)
<10時35分> 開会の挨拶 花田達朗(東京大学大学院情報学環長)

<10時45分> 第1部 ドキュメンタリーの原点を求めて~台頭する女性監督たち 
司会 熊谷博子(「三池~終わらない炭鉱(やま)の物語」など)
パネリスト 鎌仲ひとみ(「ヒバクシャ_世界の終わりに」)、坂上香(「Lifersライファーズ終身刑を超えて」)、古居みずえ(「ガーダ_パレスチナの詩_」)

<12時15分> 休憩(45分)

 <1時> 第2部 進化するジャーナリズム~北朝鮮・カシミールから生リポート
司会    林香里(東京大学助教授)
パネリスト 会場から: 石丸次郎(APN編集長)、岩崎有一(ジャーナリスト)、綿井健陽(ジャーナリスト)
中継:北朝鮮、中東、カシミール、韓国と会場を結んだインターネットなどによる同時リポート

<2時10分>   休憩(20分)

<2時30分> 第3部 時代を記録する~闇に光をあてるジャーナリストたち
司会    野中章弘(アジアプレス代表)
パネリスト 土井敏邦(ジャーナリスト)、森住卓(フォト・ジャーナリスト)、森達也(映画監督)、吉田敏浩(ジャーナリスト)

<4時> 休憩(20分)

<4時20分>  第4部 いまなぜ独立系ジャーナリストか~総括討論
司会    林香里(東京大学助教授)
パネリスト 花田達朗(東京大学大学院情報学環長)、広河隆一(DAYS JAPAN編集長)、吉岡忍(作家)、野中章弘(アジアプレス代表)

<6時10分>  閉会の挨拶 野中章弘(アジアプレス代表)

<6時20分>  休憩(10分)

<6時30分>  立食パーティ(交流会)

<8時>     終了

同時開催: 日本ビジュアル・ジャーナリスト協会会員によるスライド・ショー(会議室)と写真展(ホールにて約80点)

_入場は先着300名となります。あらかじめご了承ください。
_事情によりパネリストが変更することもあります。
※本シンポジウムの運営費は、文部科学省の科学研究費補助金・基盤研究(B)「ジャーナリズム構築力の周縁からの形成をめざすジャーナリスト教育の研究開発」によって賄われています。

※問い合わせ
アジアプレス・インターナショナル 
電話03-5465-6605 e-mail tokyo@asiapress.org
HP http://www.asiapress.org/


11/22 JVJA取材報告 「パキスタン北部地震の現場から」 [JVJA報告会]


【転送・転載歓迎】

JVJA取材報告
「パキスタン北部地震の現場から」

主催:日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
http://www.jvja.net/

パキスタンを震源とする大規模な地震発生から1ヵ月が過ぎた。いまだ支援物資は十分でなく、これから被災者は厳しい冬を迎えようとしている。現地を取材した土井敏邦と森住卓が震災地のいまを伝える。

11月22日(火)文京区、区民センター3A室
開場18:30 開演時間19:00~21:00
入場料 500円
※一般の方も、もちろん参加できます。

文京区、区民センター 地図・交通
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/kumincenter/

土井敏邦
 「ツナミ」被害の報道と救援に疲れた国際社会は、死者8万人を超えるパキスタン北部大地震への反応は鈍い。地震から3週間後、現地に入って、その破壊の凄まじさと、救援の遅れに衝撃を受けた。救援活動を続ける韓国やアラブ首長国連邦の医療チームを追いながら、「海外での災害にも、まず自衛隊派遣」の日本政府のやり方はほんとうに有効なのか、厳冬が迫る震災地の被災者たちが日本にどういう支援を望んでいるのかを追った。
http://www.doi-toshikuni.net/

森住卓
「山が動いた」と住民が言っていた通り、ヘリから見たカシミールの山々はいたる所で崩壊していた。 崩れ続ける山は舞い上がる埃が谷あいから頂上にのぼり、まるで霧が立ちこめているように見えた。 印パ国境カシミールは現在も紛争地帯。この地域は立ち入り許可が出ないが災害時とあって簡単に立ち入り許可が出た。 普段は見られないカシミール辺境の地からのレポートである。
http://www.morizumi-pj.com/
(問合せ)
JVJA事務局 
〒101-0063東京都千代田区神田淡路町1-21 静和ビル2F
tel 090-6101-6113 fax 03-3252-7651
E-mail office@jvja.net


☆Kayo Photo Gallery☆
ぜひご覧になってください。








JVJA報告会 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。