So-net無料ブログ作成
検索選択

カーボンオフセット [art]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2/10 ART DE HEART PARTY [art]

ブログパーツならStickam!


ART DE HEART PARTY @Hijoguchi 2007/2/10
詳細http://stop-rokkasho.jp/artdeheart.html

2/10 19:00より始発迄
非常口&EXIT(新宿二丁目・丸ノ内線新宿3丁目駅からすぐ)
http://www.hijouguchi.com/
入場料2000円(1Drink付き)

stop-rokkashoなアートを表現する場
http://stop-rokkasho.org
http://stop-rokkasho.jp

限りなき義理の愛作戦を実行する
http://www.jim-net.net/
http://blog.livedoor.jp/jim_net/archives/50803092.html
Partyです。

「限りなき義理の愛作戦」とはイラクの白血病の子どもたちのための医療支援をするプロジェクトです。バレンタインの義理チョコは子どもたちへの愛を届けるチョコを買いましょう:)

■MOTIVA.
Setsuya Kurotaki REMIXOLOGIST / turn tablistic / Composer 1979年生まれ。 DJとしては96年から活動を重ね都内クラブ(air / the room / club asia / liquid room / milk / ageha 等)でプレイ作品として{ULTIMATEGARAGE&BREAKS}{JUPITERSTEP} DJ mix をリリース http://wmg.jp/artist/varbd/WPCR000011098.html 海外でのDJプレイも好評を得る。現在はクラブだけでなくHOTEL_CLASKA, GRAND HIATT 東京,六本木ヒルズ森タワー展望台等ラウンジ的なプレイにも定評がある。2000年 【MOTIVA.】名義で活動をスタートm-floのリミックスやナイルロジャース監修のCHIC Remix 坂本龍一 氏 shing02 氏らのプロジェクト[STOP ROKKASHO] 等に参加 http://info.hmv.co.jp/p/t/978/596.html http://wmg.jp/artist/chic/AMCN000004561.html http://stop-rokkasho.org/ また、【広告音楽制作組織】SOUND_ARTISANを運営 NIKE / EPSON / cashio G-SHOCK 等企業のVPやCMの楽曲制作 ウェブサイトにおける サウンドデザイン/ブランディングなど音に関連するプロジェクトへの参加も活発に行っている

■[vibes of project 2007.02.10]
vibes of 向山聡孝 毛利元祐 野崎巌 元太(all from 旅団) instruments: violin,djembe,tabla,didgeridou,and more
奏者4人の湧き出る感情を音に変えて送る完全即興の30分 http://stop-rokkasho.orgに参加

■真衣良, DJ IONA
http://www.overheat.com/f_artist.html http://members.goo.ne.jp/home/bonitaiona
湘南、横浜、都内を中心に活動するフィメール・ラッパー。 DS 455の「Dab Star Clique」(Universal)収録の「SURVIVE〜重なるVIBEとM.I.C.〜」、Loop Junktionの「Turkey」収録の「My Home Town Is」、MOOMIN 3rdアルバム「GET HERE」(Ki/oon Record)収録の「Back In The Day」、RIDE ON PRIDEの「UNBREAKABLE」収録の「UNBREAKABLE−Madbavoo Remix−」でフィーチャーされ、女ラッパーとは思えぬ天性の声に触れた人達から、その存在感とヤバさが注目されていたMC MAIRA改め真衣良。そのオリジナルなライミング&フロウを武器に、ライヴで強烈なパワーを放ってきた真衣良の待望の1stアルバム
「観世音!ディグラー」が2006/5/10、DB5より遂にリリース!!

■rocomoon
現代音楽、舞踏などの人間の五感さえも超えた感覚に触れる芸術に深く影響を受け、独自の声の波動による表現活動を行っているボイスアーティスト「rocomoon」。 ストップロッカショ、スマトラ沖地震チャリティーコンサートなど都内ライブハウスで活動中。 http://fughetta.cocolog-nifty.com/blog/files/4_15theme.mp3
■佐藤真一
作曲家、サウンドデザイナー、ピアノ奏者。rocomoonやwisteriaなどのユニットでの音源製作や、ライブなどを行う。その他、映像作品やパントマイム等、さまざまなジャンルとのコラボレーションも行う。

■宝生久弥 
Hisaya Hojo 岩手県盛岡市出身 4月15日生まれ 牡羊座 O型音楽プロデューサー、サウンドデザイナ、マルチメディア・アーティストでありDJ。音楽シーン、アートシーン問わず様々な企画、作品にて音楽プロデュース、楽曲提供を行う。代表作品に三菱地所 大手町カフェ テーマ音楽『祈りのうた』、東京ミレナリオ『Snow Mail』、100万人のキャンドルナイト『Candle Scape』、岩手日報130周年特別企画『パ・ズ・ル』など。活動テーマは「生命力」。 http://stop-rokkasho.orgに参加

■PM-X 内藤忠行(写真家)
1941 年浅草生まれ。 1964年よりマイルス・デイビィスなどのジャズの巨人を撮り始めると同時に彼らの表現にも惹かれ、それを写真に応用する。その独自の視点で世界規模の取材を行った膨大な写真は、映像・造形・テキスタイルなど多用に発展している。サバンナのシマウマに、モダンやリズムを加えメタモルフォーゼまでに確立した『ZEBRA』。サイケデリックで幻想的なT字型シンメトリーの『桜』。四季折々の自然が加わることで美が表出する空間に日本人の美的DNAの潜在を表現した『庭』。蓮を21世紀のスピリチュアルなキーワードとした『Blue Lotus』など、すべてを独自の音楽的感覚で試みる。その内藤が、これらのコンテンツを”視覚と聴覚の相乗”をコンセプトにした写真バンド(Photo+Music-X:可能性)が"PM-X"。音楽家、ダンサーをはじめ様々なアーティストと写真のライブ表現をコラボレートしている。 http://www.p-om.net

■もりばやしみほ(hi-posi) http://www.hi-posi.com

■神林 雄一 シンガーソングライター http://www.yorozoo.com/abs/

■ASRAD COYOTE

■mj-spirit - Michael Jackson Performance Unit http://mj-spirit.com mixiコミュ

■FLECK DJ

PhotoSlide
■APCH チェルノブイリ・アートプロジェクトhttp://www.apch.jp

■Hirapress+
'06年に開催された、月刊誌『DAYS JAPAN』主催の「フォトジャーナリスト講座」受講者による表現集団「HIRAPRESS」。hirapress+は、このHIRAPRESS有志と、活動の趣旨に賛同する者で構成される、流動的写真集団。これまで、’06年夏に青森県六ヶ所村を訪れ、使用済み核燃料再処理工場を抱える村に住む人々を題材に取材、同年10月には写真展「六ヶ所村エナジー」を開催した。その他、ライブハウスやカフェのイベントでコラボレーション展示を行った。2月22〜 25日には東京国際芸術祭にて写真展を開催する。
http://www.hirapressplus.net

Shop
■6ラプカード大作戦
■SRJ
■JIM-NET 限りなき義理の愛作戦・チョコ
■sudha sun unimondy
■PM-X
■あだっち

KS企画
担当澤口
kayos@g-gendai.co.jp
080-5652-6058



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

10/2〜折り顔展 [art]

松尾貴史 折り顔展 2006

折り紙で作る顔展です☆

2006年10月2日〜8日
入場無料 12:00-21:00
会場 SPACE INTART

http://www.forza.co.jp/intart/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

10/2〜絵画展「白血病と闘うイラクの子どもたち」 [art]

絵画展
白血病と闘うイラクの子どもたち

主催:Iraqi Kidsの会
共催:日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET

2006年10月2日(月)〜6日(金)10:00〜17:00(最終日は16時まで)
場所:上智大学 2号館1階 カトリックセンター

 1991年の湾岸戦争以降、イラクでは米軍の使用した劣化ウラン弾によりがんや白血病を患う子どもたちの数が急増しています。
戦前のイラクの医療技術は、中東で最も高いレベルを誇るものでした。
ところが、国連決議に基づいた13年間に及ぶ国際社会の経済制裁によって基本的な医薬品までもが輸入禁止となり、病院の老朽化や薬不足のために多くの子どもたちが犠牲となったのです。

 2003年のイラク戦争でも、前回を大きく上回る量の劣化ウラン弾が使用されました。戦争終結後には経済制裁が解除されましたが、情勢悪化により各国のODAや国際機関の支援も滞っており、現地の医療機関の現状はいまだに改善されていません。

 しかしこのような過酷な状況におかれながらも、イラクの病院では熱心に院内学級を行う医師のもと、自分の名前を初めて書いて喜ぶ子どもたちや、原爆投下により白血病で亡くなった広島の佐々木貞子さんの話に感銘を受け、平和を切望する子どもたちの姿が見られます。

 日々のイラクをめぐる報道では伝えられることは少ないですが、私たちと同じように日常生活を送るイラクの人々や、病気と闘いながらも懸命に生きるイラクの子どもたちの存在を多くの人に知ってもらい、自分の問題として感じて頂きたい——そのような願いから、病と闘うイラクの子どもたちによる作品を展示する絵画展「白血病と闘うイラクの子どもたち」の開催を決めました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

10/1〜■イラク人画家来日記念企画・日本イラク文化交流講演会■ [art]

■イラク人画家来日記念企画・日本イラク文化交流講演会■
シルワン・バラン+ハニ・デラ・アリ〜イラク現代アートを描く!語る!〜

メソポタミア文明から七千年も続く悠久の歴史に刻みこまれてきたイラクの文化、芸術。いにしえからの美と誇りは、屈せざる魂たちによって継承されてきた人類の遺産である。度重なる戦争、経済制裁、そして占領という破壊と苦悩の時代を生き抜き、混迷を極める祖国イラクを見つめてきた作家達は今何を想うのか。
10月2日から開催される銀座中和ギャラリーでのイラク現代作家展に先がけて、この度来日する二人の若手イラク人画家がイラクの現代アートについて語ります。また、ライブペインティングによる絵画即売会も行います。

日時:10月1日(日)11:00〜15:30 
 第1部:ライブペインティング&絵画即売会(11:00〜12:00)
 第2部:講演会(13:00〜15:30)
場所:(財)東京都歴史文化財団 東京都美術館 講堂(東京都台東区上野公園8-36/TEL:03-3823-6921)

参加費:1000円/PEACEON会員500円
主催:NPO法人PEACE ON http://npopeaceon.org/

<京都でも現在企画中! 実行委員会員を募っています>

◆賛同のお願い◆
イラクと日本の文化交流事業活動をするNPO法人PEACE ONからのお願いです。
展覧会に伴い、期間中イラク人作家のハニ・デラ・アリ氏とシルワン・バラン氏の2名が来日します。
つきましては、みなさまに、日本イラク文化交流活動への賛同金のご協力をお願い申し上げます。

賛同金:個人一口1000円〜/団体一口3000円〜
賛同金振込先:郵便振替 00160−2−647637 
口座名:PEACE ON
備考欄:「イラク人来日企画賛同」とご記入ください。
*賛同者特典として、金額に応じて入場チケットとPEACEONバッジをさしあげます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■シルワン・バラン&イラク現代作家展■ 

初来日の若手画家シルワン・バランの作品を中心に、昨年来日し個展を成功させたハニ・デラ・アリ、そして伝説の巨匠イスマエル・ファッタなど、現代イラクアート界を代表する若手、ベテラン作家の新作を一挙公開します。

出展作家:シルワン・バラン Serwan Baran
そのほかに
イラク現代作家:Ismael Fattah, Rafa Nasiri, Rajha Al-Qudsi, Khalid K.Thamer,
Ghssan Gaib, Salah Al-Rahal, Nazar Yahya, Hani Al-Dalla Ali

会期:2006年10月2日(月)〜10月7日(土)A.M.11:00〜P.M.7:00(最終日P.M.4:00まで)
 *作家在廊日10月2日(月)、他
10月2日(月)P.M.5:00よりオープニングパーティー(無料・軽食や飲み物など持ち寄りを歓迎します)
会場:中和ギャラリー(東京都中央区銀座6−4−8曽根ビル3F/TEL&FAX:
03-3575-7620)http://www.chu-wa.com/

【プロフィール】

シルワン・バラン Serwan Baran
http://www.serwan.com/
1968年 イラク、バグダード生まれ バベル大学美術科卒業 
1991年〜バグダードを中心に中東諸国で展覧会多数
2002年 チュニス・アルミハリス国際フェスティバル金賞他入賞多数
2004年〜ヨルダン国王から依頼され肖像画を描き始める
AIAP会員 イラク美術協会会員 国立美術協会会員

ハニ・デラ・アリ Hani Al-Dalla Ali
http://www.aldallaaliart.com/
1969年 イラク、ヒート生まれ バグダード造形芸術院卒業
1988年〜バグダードを中心に中東諸国で展覧会多数
2004年 日本、韓国での展覧会に初出展 
10月から2005年2月まで、ポーランド文化省の招待で美術品修復の技術を学ぶため、ポーランドのアカデミー・ファイン・アートに留学
2005年 銀座、中和ギャラリーにて個展
イラク芸術家協会会員  イラク造形芸術家協会会員

◇総合お問合せ◇

特定非営利活動法人PEACE ON(ピースオン)
〒113-0022東京都文京区千駄木5−38−4 TEL&FAX 03-3823-5508
http://npopeaceon.org office@npopeaceon.org

○● 転送・転載は以上。 ○●


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

8/2-「原爆の図」「ヒバクシャ」 [art]

以下、チラシより転載

がんばれ!丸木美術館 http://www.aya.or.jp/~marukimsn/
「原爆の図」パネル展示@三鷹市

8/2(水)-8/7(月)
三鷹市市民協働センター
http://www.collabo-mitaka.jp/access.html
2F展示スペース

「原爆の図」や「おきなわ戦の図」で有名な丸木美術館の運営危機が伝えられた
のは、昨年のことでした。新聞報道でも取り上げられ、全国のさまざまな人からの緊急支援にも支えられて、今のところ持ち直しているようですが、いまだ安定しているとは言えません。

丸木夫妻の描いた「原爆の図」をはじめとする奥の大作は、平和のための「人類
共通の遺産」とも言えるものです。この運営危機にある「丸木美術館」を支援し、61年目を迎える「ヒロシマ・ナガサキ」を私たちの記憶にしっかり刻み込むために、「原爆の図」のパネル展示を三鷹でやります。

8/6(日)午後2時〜5時半「Peace Memorial Day」上映イベント
しのびよる「国境のない核汚染」にさらされる、世界の人々の現状を伝える映画
「ヒバクシャー世界の終わりに」 鎌仲ひとみ監督の公演・質疑応答
(協賛 グループ現代 ヒバクシャ制作委員会)

午後2時から3時半 鎌仲監督講演 午後3時半から5時半「ヒバクシャ」上映
参加費・1000円(賛同者500円)
三鷹市民協働センター・第二会議室

午後6時半から引き続き「平和のためのワークショップ」開催予定

「Peace Memorial Day」三鷹プロジェクト連絡先
酒井 metacomjp(AT)yahoo.co.jp

原爆の図について

1945年8月6日、人類史上初めての原子爆弾が広島に投下さました。
その3日後の8月9日には長崎にも。
二つの原爆で亡くなった人は20万人にも及び、その数は今日もなお増え続けてい
ます。

広島は丸木位里のふるさとです。親・兄弟、親戚が多く住んでいました。
当時東京に住んでいた位里が知ったのは「広島に新型爆弾が落とされた」という
ことだけでした。
いったい広島はどうなってしまったのか。
位里は原爆投下から3日後に広島に行き、何もない焼け野原がひろがるばかりの光
景を見ました。
丸木俊は後を追うように1週間後に広島に入り、二人で救援活動を手伝いました。

それから5年後、『原爆の図 第一部 幽霊』が発表されます。
数年間描きあぐねた「原爆」を、水墨画かの位里と油絵画家の俊の共同制作で、
やっとかたちにすることができたのです。
はじめは1作だけ、その後は3部作にと考えていた「原爆の図」はとうとう15部を
数えました。最後に〈長崎〉が描かれた1982年まで

32年間、夫妻は「原爆」を描き続けたのです。

丸木美術館
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

5/8-17 「占領に反対する芸術家たち」による「Olive Project KEEP HOPE [art]

「占領に反対する芸術家たち」による「Olive Project KEEP HOPE ALIVE」展
東京・井の頭線「明大前」駅)

場所:キッド・アイラック・アート・ホール 3Fギャラリー
期間:2006年5月8日(月)─17日(水)

【パレスチナ・カフェ】 会期中特別企画 (1F)

・ 5/15(月) 20時-21:30 「詩の夕べ ナタリーとファドワ」
・ 5/16(火) 20時-22時「パレスチナ Hip Hop CDコンサート
・ 5/17(水) 20時-22時 「Olive Project  KEEP HOPE ALIVE 映像作品上映」

展覧会については:
http://www.vju.ne.jp/AAO/project_001.htm

会場については:
http://kidailack.co.jp/index.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

11/21 ~イラク 混沌からの光~ [art]

◆転送・転載歓迎◆

~イラク 混沌からの光~
イラク人画家&PEACE ON現地スタッフ来日決定!

あの戦争から2年半、いまだに混沌とするイラクから、戦渦に呑まれながらも今日も独自の表現を追求し芸術による抵抗を続けるイラク人若手画家、ハニ・デラ・アリ氏の来日が決定しました。また、イラク支援&文化交流NGO「PEACE ON」の立ち上げから共に活動を続け、命がけで日本との友情の絆を繋ぎとめてきたイラク人現地スタッフ、サラマッド・ハキ・モハメッド氏と、彼のパートナーでもあるアマラさんも来日します。

メソポタミア文明の時代から、悠久の歴史が育んだ豊かな文化が煌くイラクから、そして中東における芸術の中心地であった都バグダードからの希望の光。知られていないイラクの現代アートに直に触れ、伝えられないイラクの現実に耳を傾け、絶望的な状況の中でも活動を続ける彼らの巨大な意志の力を感じてください。

*招聘総合案内のチラシをダウンロードできます。両面印刷して、どうぞお配りください。
http://npopeaceon.org/word/shouhei.pdf

==◇ 賛同のお願い ◇==============================
3人の日本招へい企画を成功させるため、多くの方の賛同をお願いします。

賛同金 個人一口1000円~ 団体一口3000円~
賛同金振込先 郵便振替 00160-2-647637 口座名 PEACE ON 
*備考欄に「イラク人来日企画賛同」とご記入ください。

PEACE ONは法人化から2年未満の小さなNPOということもあり、助成金などはまだどこからも受け取っておりません。
皆様のご協力を、どうかよろしくお願いします。

==◇ スケジュール(現在決まっているもの) ◇==============================
最新情報は、HPにて随時ご確認ください。
http://npopeaceon.org/

■Hani Al-Dalla Ali展(個展・新作中心)■
11月21日(月)~12月3日(土)午前11時~午後7時(最終日は午後4時まで)
中和ギャラリー 東京都中央区銀座6-4-8曽根ビル3F 03-3575-7620
http://www.chu-wa.com/ *日曜祝日は休廊 
★作家在廊日:21日(月)午後
●21日午後5時~オープニングパーティー開催
(無料・軽食や飲み物などの持ち寄り歓迎)

■イラク現代アート展(LAN TO IRAQ in KAWAGOE)■
11月18日(金)~11月23日(水)午前10時~午後8時(最終日は午後6時まで)
クラッセ川越5F川越市国際交流センター  埼玉県川越市菅原町23-10
JR・東武東上線川越駅東口から徒歩約3分 *火曜休館
http://www.eng.toyo.ac.jp/~kyougaku/satellite/2003/ce/kurasse.html
★作家在館日:23日午後4時~
●作家講演:23日午後6時から同館6F多目的ホールにて 参加費500円
主催&お問合せ:イラク現代アート展実行委員会 0492-22-9879

■アートライブ ハニ・デラ・アリvs増山麗奈■
11月26日(土)午後1時~午後4時 参加費1000円
レストランらくだ 京王線千歳烏山駅西口徒歩5分 03-5313-8151
主催&お問合せ:NPO法人PEACE ON
※チラシ(PDF)がダウンロードできます。印刷してお使いください。
http://npopeaceon.org/word/051126artlive.pdf

■PEACE ONイラク人職員&画家来日記念「そうだ!イラクの友に聞いてみよう」■
11月27日(日)午後2時半~午後5時半 参加費1000円(賛同者500円)
養源寺白華会館ホール 文京区千駄木5-38-3 Tel/03-3828-0185
http://bunkyoku-town.com/map/bn000311
南北線本駒込駅徒歩3分(PEACE ON事務所隣) 主催&お問合せ:NPO法人PEACE ON
●終了後19:00よりレストランzakuro(http://zakuro.oops.jp/)にて、交流パーティを開催します。
中東料理や水タバコを囲みながら、皆で楽しくお喋りを弾ませましょう。ディナー+お楽しみつき5000円(会員4000円)。先着50名様まで受付。お申し込みはPEACE ON事務局まで。
※チラシ(PDF)がダウンロードできます。両面印刷してお使いください。
http://npopeaceon.org/word/051127iraqnotomo.pdf

■ハニ・デラ・アリ展「イラク 矢臼別-Save Children Save the future-」(仮)■
11月29日(火)~12月4日(日)午前10時~午後7時(予定)
ギャラリー大通り美術館 B展示室 札幌市中央区大通西5丁目11 大五ビル
●講演:12月1日(木)札幌エルプラザ ホールにて(作家&現地スタッフ)
http://www.danjyo.sl-plaza.jp/information/
●12月2日(金)上記展覧会場にてハニ氏アートトーク
●12月2日(金)函館にてサラマッド氏講演(詳細はお問合せください)
主催:セイブイラクチルドレン札幌ほか お問合せ:090-1529-8528(千葉)

==◇ 総合お問い合わせ ◇==============================
特定非営利活動法人PEACE ON
〒113-0022東京都文京区千駄木5-38-4
TEL/FAX03-3823-5508
http://npopeaceon.org
office@npopeaceon.org
LAN TO IRAQ(イラク人作家による現代アート展)
http://npopeaceon.org/lantoiraq/index.html

==◇ プロフィール ◇==============================
ハニ・デラ・アリ Hani Al-Dalla Ali
http://npopeaceon.org/lantoiraq/contents/hani/index.html
1969年、イラク、ヒート生まれ バグダード大学造形芸術(絵画)科卒業
1988年、バグダードの造形芸術院にて個展
1996年、ヨルダンのシャバーブ・アル・ザルカに出展
2001年、バグダードのアカブ・ギャラリーに出展
2002年、バグダード造形芸術国際フェスティバルに出展
2003年、バグダードのアル・アブダ・ギャラリーにて6人展
2004年、バグダード、アンマン、日本、韓国など各地の展覧会に出展
10月から2005年2月まで、ポーランド文化省の招待で美術品修復の技術を学ぶためポーランドのアカデミー・ファイン・アートに留学
イラク芸術家協会会員  イラク造形芸術家協会会員

サラマッド・ハキ・モハメッド Sarmad Haqi Momammed
1974年、バグダード生まれ
1998年、バグダード大学卒業(農業技師)
2000年、観光ガイド資格取得
2001~2003年、イラク文化省観光局ガイド
2003年3月~4月アメリカによるイラク攻撃の際、「HUMAN SHIELDS」(人間の盾)のガイドを担当し相澤恭行と出会う。同年10月相澤とNGO、「PEACE ON」を立ち上げ、バグダード支部長としてイラク支援&文化交流活動を始める。2004年5月フランス人元人間の盾アマラ・セルアリと結婚。2005年9 月からNPO法人PEACE ON理事。

アマラ・ハキ・モハメッド Amara Haqi Mohammed(旧姓セルアリ Sellali )
1970年、フランス生まれ(両親はアルジェリア人)
イギリスでソーシャル・ワーカーの資格を取得し、1993年から子ども達と家族の社会福祉事業中心に活動。2003年3月~4月イラクにて「人間の盾」に参加。同年PEACE ONと共にイラク支援&文化交流活動を始め、フランスとイラクを往復。2004年5月サラマッドと結婚。現在は夫婦でバグダードに住みPEACEONのイラク現地スタッフとして活動。

相澤 恭行 Yasuyuki‘Yatch’Aizawa
特定非営利活動法人PEACE ON 代表・理事
http://peaceonyatch.way-nifty.com/peace_on_iraq/
宮城県気仙沼市出身。1971年生まれ。1996年まで音楽を中心に活動。その後アイルランド留学等を通じて国際交流に力を入れる。2003年2 月「イラク国際市民調査団」、3~4月「人間の盾」に参加してバグダード陥落まで滞在。帰国後は全国各地で講演活動を続け、NPO法人「PEACE ON」の設立に取組む。 同年10月再度イラク入国。バグダード在住のイラク人現地スタッフ、サラマッド氏とともに、PEACE ONのイラク支援プロジェクトとして盲学校へのスクールバスサービスを開始。2004年2~4月、4度目のイラク入国、福祉施設等への支援や文化交流、現代アート作家との交流を行う。5月にはファルージャにて緊急支援を実施。 7月~8月、バグダード現地事務所を設立し、支援、文化交流活動を行う。その後はイラクの治安悪化を受けて現地入りは見合わせているが、現地スタッフを通じて支援を継続中。国内では各地講演会やイラク現代アート展を中心に活動。

◆転送・転載ここまで◆


7/5~Happiness 10 アート展 [art]

自然とアートが好きな
朝日 柚帆 Asahi Yuhoさんに
私が写真を撮っていると話しました。
素敵なDMをいただきました。

Happiness10のアート展
日時 : 2005年07月05日(火曜日) ~ 2005年07月10日(日曜日)
場所 : ギャラリー・ルデコ(渋谷) // 6階 ⇒ ルデコ ホームページ
時間 : 午前11:00 ~ 午後07:00 (最終日の10日は午後05:00迄)
詳細はこちら
http://www.happiness10.sakura.ne.jp/


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。